MENU
4月25日

市原市での家族葬に発生する金額と注意点


一般的な葬儀にかかる金額の内訳の内、もっとも多くを占めるのがお葬式そのものにかかる費用です。
 
次いで戒名の授与や読経、お布施などの寺院にお支払いいただく費用、参列者様に振る舞う飲食物などにかかる、いわゆる接待費となっています。
 
家族葬では、このようなトータルでお葬式にかかる金額を、最高で一般葬儀の約4分の1まで抑えることが可能となります。
 
もちろん市原市での家族葬を希望する場合でも、葬儀社をうまくお選びいただくことによって金額を抑えた式をおこなうことが可能なのです。
 
 
家族葬を執り行う際に注意したいことが、お葬式そのものの金額を抑えることにばかり注目しがちで、香典による補填額が減少するという点を見落としがちになる、という点です。
 
一般の葬儀に比べ、家族葬では参列者の数は限られた人数になります。
 
一般的には50人以下くらいの数になると言われています。
 
つまり、参列者の方の数が少なくなる分、香典による補填額も減少してしまうというわけです。
 
 
家族葬では、故人様のごく親しいお身内の方以外からの香典や供花・供物を辞退する、という場合もございます。
 
これらを辞退することをあらかじめ明確にするか、もしくはお葬式が終わったあとに事後報告というかたちでお知らせするのが良いでしょう。
 
また、仮にこちらが事後のお知らせをいただいた場合は、香典をお送りする行為は控えましょう。
 
香典を送られると返礼品を用意する手間が相手側にかかってしまいますし、お葬式の後に対応に追われることになり、家族葬をおこなった意義が薄れてしまうことにもなるからです。
 
 
香典を辞退するか否かの判断をどうすべきかは、参列者の予定人数を考えてお決めいただくのが良いでしょう。
 
本当に小規模な、ごく少数での家族葬の場合は辞退をし、返礼品などの手間や費用を省くほうが良いということもありますし、逆に一定の人数でのお葬式になりそうなのであれば、飲食接待費に金額が発生することを考え、補填ができるように受け取るほうが良い、という場合もございます。
 
 
市原市で家族葬専門の葬儀社を営むハートフルでは、さまざまな需要に合わせた家族葬を、お客様の目線でご提案しております。
 
市原市での家族葬に関するご相談がございましたら、どのようなことでもハートフルにお問い合わせ下さいませ。

千葉・船橋の葬儀なら
[小さな家族葬]byハートフル


小さな家族葬は、常にお客様の立場になってご提案から当日までお付き合いをさせていただきます。
対応エリアは千葉全域から船橋まで対応いたします。安心のセレモグループです。

PAGE TOP