MENU
2月5日

松戸でも増えている予算を抑えた家族葬


かつては、葬儀予算一回数百万と言われていた時代がございました。
とにかく多くの参列者の方を集め、盛大な祭壇を作り、何人ものお坊さんに読経をしてもらい、立派な戒名で故人をお送りする。
松戸を始め、全国各地でそういった葬儀が一般的でした。
 
しかし、時代はかわり今や数十万円程度で葬儀を行うことも決して珍しくありません。
そんな新しい時代の葬儀の形が、小さなお葬式・家族葬です。
 
豊富な貯蓄や資産があるなら数百万の葬儀を上げることはそれほど難しいことではございません。
でも、そんな資産を持っていらっしゃるという方は松戸に限らず一握りですし、急なご不幸に充分なお金も用意できないというのが実情です。
 
生命保険を切り崩して・・・とお考えになる方もいらっしゃるでしょうが、そもそもご遺族の皆様の為に残されたといっても良いお金を葬儀に使ってしまうのは・・・という、言ってしまえば合理的な考え方をもつ方が増えてきたのも事実です。
 
家族葬を選択されるというのは、言わば時代の流れに沿った、必然のことだとも言えます。
自分の葬儀に関してご遺族の皆様が思い悩んだり、大切なお金を消費してしまったりしては、故人様も喜ばないであろうとの考えが主流になってきた、といえるでしょう。
 
家族葬はその名の通り列席するのは一緒に暮らしていたご家族や、ごくごく親しい方たちのみです。
そんな家族葬には様々なプランがあります。
 
松戸でも、火葬のみで故人様をお送りするプランや、しっかりと斎場で読経、焼香をしてお別れするというプランをお選びいただくことができます。
それでも、かつて予算数百万円と言われた葬儀に比べれば、およそ十分の一で済むことになります。
盛大な葬儀で何十人という参列者の皆様に振る舞っていた料理も必要ありませんし、大きな式場を抑えることも不要です。
 
費用を抑えた葬儀だからといって、決して故人様をお送りする気持ちの中にある真心に変化があるわけではありません。
むしろ、大勢の参列者の皆様に気を使う必要が無くなったからこそ、故人様を深く長く思うことができるのだとも言えます。
参列者の数が多ければ、それらの方々への挨拶やお礼などで忙殺されてしまい、故人様をお送りするどころでは無い、そんな声がかつての葬儀ではよく聞かれました。
 
故人様とお別れする気持ちは金額に左右されない、ということに気づくことができたからこそ、家族葬という選択肢が多く選ばれるようになったのです。
 
松戸を始め、千葉エリアでのお手ごろな価格で安心できる家族葬のご用命は、小さな家族葬 ハートフルにお任せください。

千葉・船橋の葬儀なら
[小さな家族葬]byハートフル


小さな家族葬は、常にお客様の立場になってご提案から当日までお付き合いをさせていただきます。
対応エリアは千葉全域から船橋まで対応いたします。安心のセレモグループです。

PAGE TOP