MENU
11月22日

葬儀の決め手は自社セレモニーホール


ハートフル小さな家族葬には船橋、習志野、鎌ケ谷を中心に直営と提携合わせて約50の式場があります。

そのうち自社で保有しているホールの数は三分の二ほどです。

自社の式場を持っていることは葬儀を行ううえで非常に大きな役割を果たします。



現在葬儀を行う場所はそのほとんどが式場や斎場と呼ばれる葬儀専門のスペースです。

かつてお葬式は自宅で行うものという風習が強くありましたが、集合住宅が増えていくにつれて、特に人口密集地域である都心部では顕著に自宅でお葬式を行うことがなくなってきているのです。

集合住宅でお通夜を行えば夜分に周辺の住民に迷惑をかけることになります。

またお通夜や告別式で多くの弔問客が訪れれば周辺の生活に影響を及ぼすことになるでしょう。

そのため、お葬式を行う専門のスペースとして多くの斎場が作られたのです。

ある調査によれば現行行われている葬儀の会場は、その8割が葬儀専用の式場で行われています。



式場に関しては自治体なども建設を行っています。

多くの自治体がそのような斎場を作っています。

また火葬についても同時に行えるように式場に火葬場を併設された多くの施設があります。

しかし、そうした施設は多くの葬儀業者が使うものであるため、葬儀が集中する時期には斎場の都合によっては葬儀の日程が延びてしまうこともあるかもしれません。



公営斎場を使うということを最初に決めた場合にはこうしたことが起こりうる可能性があります。

しかし、どうしてもこの斎場でなければというのでなければ民営の斎場を利用するのもひとつの手段です。

たとえ希望していた斎場が予約でいっぱいになってしたとしても、代替の斎場が近くにあれば、それまでした打ち合わせなどをそのまま利用して別の斎場でお葬式をすることができるからです。



お葬式をするときにはたいていの場合時間に迫られることになります。

また遺族の方は慣れない状況で多くの不安を抱えていらっしゃることでしょう。

ハートフル小さな家族葬ではそうした不安を少しでも解消できるよう、自社でのスタッフでの対応を行っています。

船橋、習志野、鎌ケ谷など千葉、葛南地域で葬儀をお考えの際はハートフル小さな家族葬をご用命ください。

千葉・船橋の葬儀なら
[小さな家族葬]byハートフル
小さな家族葬は、常にお客様の立場になってご提案から当日までお付き合いをさせていただきます。
対応エリアは千葉全域から船橋まで対応いたします。安心のセレモグループです。

PAGE TOP