MENU
8月23日

少子化により進む、葬儀費用の負担の増加


日本の人口は2004年にピークを迎え1億2784万人に到達しました。

それからは減少傾向にあり、今後も人口が減少していくだろうと予想されています。

千葉県の人口は1960年代から急激に増加を続け2010年頃からはほぼ横ばいとなっています。

今後は65歳以上の高齢者の人口が増加していく傾向にあると推計されています。



少子高齢化は葬儀にどのような影響を与えるのでしょうか。



少子化が進むことによって、葬儀を行う際にそれに関わる人間の数が変わってきます。

仮に葬儀にかかる費用の総額が150万円だとしましょう。

子どもが3人いたとして、これを均等に負担した場合、一人当たり50万円を葬儀費用として負担します。

しかし、少子化が進んで子どもが一人しかいなかった場合、負担する葬儀費用は150万円になります。



下の世代の人数が多くなれば、葬儀費用を負担できる人数は増えます。

葬儀に参列する親族の人数も増え、葬儀の規模も大きくなるでしょう。

しかし現在では子どもは少なくなっています。

これが家族葬の増加の原因のひとつではないでしょうか。



家族葬や直葬を行うにあたって親戚トラブルという話を耳にすることもあります。

なぜ一般葬で葬儀を行わなかったのかと葬儀が終わったあとで親戚が怒るというトラブルです。

親戚というのは亡くなった方の兄弟であり、また親であったりします。

それらの方は故人ともともと同じ家に暮らし家族として生活していました。

現在は一緒に住み生活をしているわけではないですが、そこにはかつて共に暮らした家族への思いがあります。



そのため、家族葬や直葬などを行う際には親戚の方にも了承を得たうえで行うようにし、また親戚で出席をする方をしっかりと確認して行うと良いでしょう。



ハートフル小さな家族葬は家族葬や直葬、一日葬など、ご遺族の方が望む葬儀の形に柔軟に対応できるよう、その葬儀の規模にあったプランをご用意させていただいております。

千葉県の船橋、習志野、鎌ケ谷を中心に直営、提携含めて約50の斎場が利用できます。

葬儀の日程が限られている場合にも柔軟に対応することができます。

千葉エリアで葬儀をお考えの際はハートフル小さな家族葬にご連絡ください。

千葉・船橋の葬儀なら
[小さな家族葬]byハートフル
小さな家族葬は、常にお客様の立場になってご提案から当日までお付き合いをさせていただきます。
対応エリアは千葉全域から船橋まで対応いたします。安心のセレモグループです。

PAGE TOP